花粉症・長引く咳・アレルギー

Allergy

   

花粉症・アレルギー疾患とは

長引く咳~慢性咳嗽

咳は病院へ受診する理由の中でも特に頻度の高い症状ですが、その理由は必ずしも風邪とは限りません。
咳は持続時間から3週間以内の急性咳嗽、3週間以上継続する遷延性咳嗽、8週間以上持続する慢性咳嗽に分類されていて、持続時間が長くなればなるほど感染症以外の原因の可能性も考えられます。

日本における慢性咳嗽は副鼻腔気管支症候群、咳喘息、アトピー咳嗽の3つが主な原因で、胸部レントゲンや炎症反応で異常が見られれば診断は難しくありませんが、異常が見つからない場合は疑わしい病気の治療を施して様子を見る事になります。

原因によって治療方法も違い、咳喘息の場合は吸入のステロイドや気管支拡張剤、副鼻腔気管支症候群の場合は去痰剤やマクロライド系抗菌薬の処方を行います。

喘息

喘息も代表的なアレルギー疾患の1つで、喘息の人は症状のない時でも常に気道が炎症を起こしており、健康な人と比べると気道が狭くなって空気が通りにくい状態です。

アレルゲンを特定できる『アトピー型喘息』はハウスダストやダニ、花粉などが、アレルゲンを特定できない『非アトピー型喘息』では風邪のウイルスや気温・温度の急激な変化などが原因であり、小児喘息から引き継いで症状のある方は別のアレルギーを合併している事も多いです。

喘息になると咳や痰、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」という喘鳴などの症状があり、最近では咳だけの喘息(咳喘息)の方も増えています。
喘息の治療には気管支拡張剤、抗アレルギー剤、吸入ステロイドなどを用いますが、近年は発作を止めるのではなく、起こらないようにコントロールする手法が主になってきています。

アレルギーについて

アレルギーとは、体内に入った異物を排除しようとする免疫反応が過剰に起こった現象の事を言います。
この免疫の仕組みが本来は害のない食べ物や花粉にまで過剰に反応し、攻撃をし過ぎる結果、逆にマイナスの症状を引き出してしまいます。

粘膜や皮膚の腫れ、かゆみ、咳・くしゃみなどの症状が続いていながらウイルス性の原因が見つからない場合は、このアレルギー症状が疑われます。
診断を確定するにはアレルゲンを特定する『アレルギー検査』を行います。

治療にはまず何よりもアレルギーの原因を特定するのが第一で、アレルゲンの特定ができた場合はその除去を行い、必要に応じて薬物治療や免疫療法を追加します。
食物アレルギーの場合はその食品を取り除いた食事を選び、ダニやハウスダストが原因の場合はカーペットやぬいぐるみなどを除去する事で症状が軽減できます。

スギ花粉とダニに対する舌下免疫療法

スギ花粉症やダニアレルギー性鼻炎の治療法のひとつに、アレルゲン免疫療法があります。

アレルゲン免疫療法は100年以上も前から行われている治療法で、近年では治療薬を舌の下に投与する『舌下免疫療法』が登場し、自宅で服用できるようになりました。現在では錠剤になり、服用も楽になっています。
目安として3年ほど治療を続けるとアレルギー症状の改善、長期にわたり症状を抑える効果が期待できます。

スギ花粉症の舌下免疫療法は、スギ花粉が飛散していない時期に始める必要があるため、6月から12月ぐらいの間に開始することが勧められます。
ダニアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法は年中いつでも開始できますが、症状がきつい時期、例えば梅雨時(ダニが繁殖して症状が悪化することが多い)、などは、ダニアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法を新たに開始することは避けた方がよいと考えられます。

舌下免疫療法の対象

6-65歳で、スギ花粉が原因の花粉症、またはダニアレルギーが原因となる鼻炎の方

治療の流れ

初診日

問診、診察、過去のアレルギー検査の確認、舌下免疫療法の説明
血液検査を行い、スギ花粉・ダニにアレルギー反応があるかを調べます。

2回目(約一週間後)

血液検査の確認:スギ花粉、ダニに対するアレルギー反応が確認されたら治療を開始します。改めて舌下免疫療法についての説明。
緊急連絡カードなどをお渡しします。

3.再来院(初回服用後1週間後)

決められた通り服用できたか、投与による副作用の確認、体調や口腔内の状態の確認などにより治療が継続可能かどうかを判断します。
治療が継続可能であれば、容量を増して投与を継続します。

スギ花粉症とダニアレルギー性鼻炎の舌下免疫療法は同時にできるのか?

どちらかの舌下免疫療法を1日1回朝内服で開始してから、一ヶ月以上の間隔をあけてもう一つの舌下免疫療法を1日1回夜内服で開始し、同時に継続することは可能です。(日耳鼻 122: 126-132, 2019)
例えば、スギ花粉の症状が落ちついてきた6月にスギ花粉症の舌下免疫療法を開始し、引き続き7月以降にダニアレルギーの舌下免疫療法を開始することが考えられます。

COPD

COPDとは、以前は肺気腫と慢性気管支炎と言われていた病気をあわせた名称で、多くはタバコによる肺機能の低下が原因です。
タバコの煙に含まれる有害な物質を吸い続けると気管支や肺に慢性的な炎症が起こり、痰の分泌の度合いが高くなったり、気管支末端の肺胞と呼ばれる酸素交換をする部分が壊れて肺の過膨張を起こします。

COPDの症状は軽度であれば咳や痰、運動での息切れなどですが、症状が進行すると咳や痰が止まらなくなり、ちょっと動くだけでも息切れを起こしたりなど、日常生活にも大きな支障をきたしてしまいます。
最終的には運動能力の低下から外出も難しくなり、慢性呼吸不全や心不全など命にかかわる重い病気を併発する可能性も考えられます。

治療には、喫煙されている方は禁煙が治療の第一歩になります。
年齢によって肺機能は低下していきますが、喫煙を止めれば肺機能の低下を遅らせる事はできます。
現段階でCOPDそのものを治療する特効薬はないので、呼吸困難などの症状をやわらげるための薬が主に用いられています。

© SHINYA Medical Clinic.